衛生のプロ

衛生とは、健康を守り増進させるという意味の言葉であり、衛生管理者は衛生を管理する者という意味である。
つまり、職場における衛生面のプロであり、労働者の健康管理や職場環境づくりを目的とする専門家、プロフェッショナルの事だ。
持っている事で就職に有利となる国家資格として人気が高く、近年注目が集まる資格である。

衛生管理者になるためには試験に合格して資格を得る必要があり、この試験の難易度は普通程度とされている。
この資格には3種の業務範囲があり、業務の広い順に衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の3種類が存在する。
資格の種類によって可能な業務が決まっており、第一種と二種は試験に合格することにより所得することが可能である。

試験の合格率は一種が54%、2種が65%程度となっており、現在老若男女問わず多くの人が試験に挑んでいる。
就職だけでなく昇給や昇進などに有利とされ、転職や再就職などにも有利になる国家資格である。

50人以上の従業員が要る事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務付けられているため、需要の多い仕事とされる。
現在、資格を持つものが不足している状態のため、試験に合格することができれば大きな武器となることは間違いない。
藤堂災害と職場環境の改善、対策を行う仕事であるため高い責任感が必要になる職である。

イチ押しリンク

衛生管理者の試験に合格するならこちら!|たった2日で合格ライン到達!

カテゴリー

  • カテゴリーなし